2016年アメリカ商標出願数ランキング!

世界中で多くの商標が日々出願・登録されています。

そこで、今回は世界一の経済大国であるアメリカの、

2016年商標権出願数ランキングをご紹介します!

では、10位から…

10位:ALcon(スイスに本社を置く企業。主にコンタクトレンズ等の眼に関する商品を販売。日本法人もあるため、聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?)

9位:Merck Co(アメリカに本社を置く、世界的な製薬会社)

8位:Garnier(フランスに本社を置く、主にコスメを販売している企業)

7位:Comcast(アメリカに本社を置く、ケーブルテレビ・情報通信・メディアエンターテイメントの企業)

6位:Mattel(アメリカに本社を置く、おもちゃメーカー)

5位:GlaxoSmithKline(イギリスに本社を置く、製薬会社)

4位:The Walt Disney Company(アメリカに本社を置く、きっとみなさんもご存知のディズニーの会社)

いよいよトップ3…!

3位:Time Warner:(アメリカに本社を置く、映画製作会社)

2位:CBS Corporation(アメリカの3大メディア・コングロマリットのひとつ)

そして、堂々の1位は!

LG Corporation

トップ10はやはり全て大企業ですね。

ちなみに日本企業はランキングにありませんでした…

今回のトップ10に入った企業のうち、

4社がアメリカ以外に本社を置く企業となっています。

また、1位が非欧米圏の企業とは驚くべき結果かと思います!

LGは主に電化製品を扱う韓国企業ですが、

2016年に433個、2015年に661個の商標出願を行っています。

また、過去5年間全て200個前後の商標出願をアメリカで行っています。

2016年にLG Corporationがアメリカで出願を行った商標をGlobal Brand Databaseで見てみました。

LG Corporationは、商標・区分ともに様々出願しており、

例えば、

LG FORCEは9類で、イヤホン・ヘッドフォンを指定商品として出願をしています。

そして、LGの公式サイトを見たところ、

LG FORCEのイヤホンが掲載されてました!

出展元:http://www.lg.com/us/bluetooth-headsets-headphones/lg-HBS-S80-Black-Gray-force

また、LG Corporationのライバルとも言われる、

韓国企業のSamsungもアメリカで毎年200前後の商標を出願しており、

2016年は224個で12位にランクインしています。

LG CorporationとSamsungは同じ国の企業としてお互いを意識しあっている部分もきっと多いかと思います。

余談ですが、

過去5年間、ずっとランキングに入っていた、Apple Inc.が

2016年は84位となり、商標出願数も65個となっています。

Apple Inc.は2010年~2015年にかけては、

毎年100個以上の商標出願しており、

2011年は356個の商標出願を行っています。

2011年はiPad 2、日本でも大人気であったiPhone 4Sの発売、

また、Steve Jobsが亡くなった年でもあります。

2011年~2012年は、Apple Inc.にとって大きな変化が起きた年だったかもしれませんね。

#アメリカ #ランキング #商標

最新記事

すべて表示

【イギリス】Brexitの移行期間終了に伴う商標管理の注意点

イギリスのBrexitの移行期間が昨年末に終了しました。商標に関するBrexitのニュースも様々なところから発信されていますので、ご存知の方も多いと思います。 移行期間の末日である2020/12/31までに登録されたものは自動的にイギリスの商標権が設定され、それまでに登録に至っていないEUTM出願(マドプロ出願も含む)は、本年からコンバージョン申請を行って、イギリスでの手続を継続する必要があります

【韓国】商標審査基準の改定(1月1日施行)に関する補足情報

1. 商標審査基準の改正(2021年1月1日施行)について 今回、審査時に、審査官判断を助けるため、一部の審査基準を整備するものであり、商標登録出願人の要件への基準補完/不登録要件の審査基準の整備/地理的表示・団体標章の審査基準整備/非典型商標の保護拡大のための基準の整備といった項目で改正が行われました。 2. ソフトウェア関連商品の表現について、審査基準が変更されております 韓国特許庁では、必要

【ソマリア】商標登録プロセスが更新されております

ソマリア商標法第3号の規定、および第33号の改正に従い、ソマリア商標局(TMO)では最近、商標登録に関する審査と公開プロセスが導入されました。 現在では、出願前に、第三者によって既に登録されている商標ではないことを事前に調査し確認することが義務付けられています。 調査の結果、重複する既登録商標の無いことが確認されれば、申請することができます。 申請後の審査には約10日かかり、異議申立期間は35日と

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社