2016.10 – 新gTLD Monthly Report

新gTLD Monthly Report 10月版を発行いたしました。

資料をご希望の方は、下記の資料請求フォームにてお願いいたします。

Contents 1. 新gTLDファーストラウンドの状況 2. ブランドTLD活用情報 3. ブランドTLD活用事例 4. 新gTLDへの移行 5. 新gTLDのSEOへの影響力 6. 運営状況

Summary

  1. 新gTLDファーストラウンドの進捗を意味する「Completion Ratio」は、2016年10月25日時点95.69%で、前月比増加率はわずか0.36%である。先月に続き、進捗速度が遅くなっている。

  1. 2016年10月25日時点で、新gTLDのセカンドレベルドメインネームは、先月末比3.29%増加し約2,504万件を記録した。全体的にgTLDやccTLDが伸び悩んでいる中で毎月唯一確実な成長を見せている。

  1. 「.win」が、2016年10月3日をもって登録件数が全新gTLDの中で3位となった(2016年10月4日現在、「.win」1,050,936件、「.wang」1,050,069件記録)。今後は「.xyz」「.top」「.win」が1~3位となる可能性が高いと思われる。

  1. 「.site」は、今月初めてドメインネーム登録件数が50万件を越えた(2016年10月2日現在、502,013件記録)。

  1. ブランドTLDのセカンドレベルドメインネーム登録件数は、この1カ月の間84件増え(1.47%)、10月25日基準、5,696件を記録した。

  1. 10月においても、ブランドTLDの活用方法として「Redirection」が3,213件(57.58%)と最も多かった。全体の活用率は67.49%である。

  1. この1カ月で活用し始めたブランドTLDのドメインネームは、全217件である。そのうち、「飲食業界(Food & Beverage)」が34件で最も多く、そのほとんどはギリシャのヨーグルトメーカーであるFage社によるものである。Unique Site、Redirectionとしての活用事例を各業界別に紹介する。

  1. 本調査では、ブランドTLDを保有していない企業がメインサイトを新gTLDに移行した事例を掘り下げる。 事例①:「toureiffel.paris」(地域名TLDへの移行) 事例②:「esg.glass」(事業名TLDへの移行)

  1. 次に、「jacksonville.attorney」のケーススタディを通じて新gTLDがSEOに及ぼす影響力について詳しく紹介する。

Compliance Disclaimer

  1. 本資料の著作権は、GMOブライツコンサルティング株式会社に帰属します。

  2. 著作権者の承諾なしにコンテンツを複製、他の電子メディアや印刷物などに再利用(転用)することを禁じます。

作成日:2016年11月14日



資料請求はこちら

最新記事

すべて表示

【6月28日無料WEBセミナー 】いまさら聞けないドメインネームの基礎知識(中級編)

6月28日(月)13:00~14:00お申し込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からで

【6月24日無料WEBセミナー 】ECサイトにおける侵害品削除の攻略法

*満員御礼* 6月24日(木)14:00~14:50 お申込みはについて 定員に達した為、Zoom視聴のお申し込みは締め切りました。 参加ご希望の方はお手数ですが、以下メールアドレスまでご連絡ください。 seminar-admin@brightsconsulting.com 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、W

新gTLDのTOP20ランキング(2021年6月)

2021年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し 2,614万件を記録しています。 主に「.icu」や「.top」の急減の影響で、毎月数百万件の減少が続いてきた新gTLDのドメインネーム登録件数ですが、今月は「.xyz」「.online」「.shop」の増加の影響もあり、全体の減少件数が大幅に縮小しているのが特徴です。(3月261万件減 → 4月139万件減 → 5