03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社

2016.11 – 新gTLD Monthly Report

新gTLD Monthly Report 11月版を発行いたしました。

資料をご希望の方は、下記の資料請求フォームにてお願いいたします。

Contents 1. 新gTLDファーストラウンドの状況 2. ブランドTLD活用情報 3. 国別ブランドTLDの分析 4. ブランドTLD活用事例 5. 運用状況

Summary

  1. 新gTLDファーストラウンドの進捗を意味する「Completion Ratio」は、2016年11月25日時点で前月末比0.83%p伸びた96.52%である。進捗の速度が遅くなっており、来月に新gTLDファーストラウンドが終わることは難しいと思われる。

  1. gTLDのドメインネーム登録件数が7月以降また下落(月間ベース)、先月末比0.30%減少した約1億643万件である。これには、「.com」が今月約34万件大幅減少したことが大きく影響する。

  1. 2016年11月25日時点で、新gTLDのセカンドレベルドメインネームは、先月末比3.64%増加し約 2,595万件を記録した。全体的にgTLDやccTLDが伸び悩んでいる中で毎月唯一確実な成長を見せている。

  1. 今月「.bid」「.vip」「.online」の登録数がそれぞれ50万件を越えた。

  1. ブランドTLDのセカンドレベルドメインネーム登録件数は、この1カ月の間285件増え(4.76%)、11月25日基準、5,981件を記録した。

  1. 今月は活用外と分類できる「準備中」と「レジストリ運用用」が多く増えているため、活用率は先月比2.91%減った64.42%を記録した。

  1. 各ブランドTLDの実質所有会社の本社所在地を基準として調査した結果、フランスのブランドTLDに、セカンドレベルドメインネームが最多登録されていた。

  1. 現在、登録されているセカンドレベルドメインネームが多い上位4ヶ国(アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス)を対象に活用状況を分析する。

  1. 日本のブランドTLD活用率は28.47%である。他の国に比べると、活用は進んでない状況である。また、Unique Siteとしての活用が多い。

  1. 各国ごとにブランドTLDを積極的に使っている企業の業種が明らかに分かれている。

  1. 2016年11月25日現在、ブランドTLDでドメインネームのホストネームとして一番多く使われている文字列は「home」(39件)である。特に、アメリカの企業ではホストネームとして「home」を多く使っている。

Compliance Disclaimer

  1. 本資料の著作権は、GMOブライツコンサルティング株式会社に帰属します。

  2. 著作権者の承諾なしにコンテンツを複製、他の電子メディアや印刷物などに再利用(転用)することを禁じます。

作成日:2016年12月12日



資料請求はこちら

0回の閲覧