2016.12 – 新gTLD Monthly Report

新gTLD Monthly Report 12月版を発行いたしました。

資料をご希望の方は、下記の資料請求フォームにてお願いいたします。

Contents 1. 新gTLDファーストラウンドの状況 2. ブランドTLD活用情報 3. ブランドTLD活用事例 4. ブランドTLDの活用ステータス変更の分析 5. 運用状況

Summary

  1. 新gTLDファーストラウンドの進捗を意味する「Completion Ratio」は、2016年12月25日時点で前月末比0.63%p伸びた97.15%である。2016年以内に新gTLDファーストラウンドの最終結果の輪郭を見ることはできなかった。

  1. gTLDのドメインネーム登録件数が今月また下落(月間ベース)した。「.com」は、先月の約34万件減少に続き、今月約99万件大幅減少した。

  1. 2016年12月25日時点で、新gTLDのセカンドレベルドメインネームは、先月末比5.92%増加し約 2,749万件を記録した。全体的にgTLDやccTLDが減少又は伸び悩んでいる中で、唯一新gTLDだけ着実に成長している。

  1. 先月14位であった「.loan」が約53万件急増し、6位となった。

  1. 2位の「.top」は純増加件数でみると、毎月大きく増えている一方、1位の「.xyz」の平均増加件数は約5万件に留まる。

  1. ブランドTLDのセカンドレベルドメインネーム登録件数は、この1カ月の間617件増え(9.54%)、12月25日基準、6,295件を記録した。

  1. 先月比でみると、「準備中」が577件と大幅増加した。この1カ月の間、「.audi」に約500件のドメインネームが一気に登録され、まだ活用されてないことが大きく影響する。

  1. 2016年1月と12月のブランドTLDドメインネームを比較したところ、各ドメインネームはその活用方法が最初の段階から決まる傾向があった。

  1. ブランドTLDドメインネームのステータスには変動が多く、一度活用が開始されたドメインネームでも、活用されなくない場合もある。

  1. ドメインネームはその活用状況やステータスに変動もあり、流動的なものである。特に、ブランドTLDに関しては、多くの企業がブランドTLDへ切り替えすることを考慮し様々な試みをしており、試行錯誤の時期だと言える。

  1. 以前は保護などの目的でドメインネームを登録していたケースも多かったが、今後は活用するためにドメインネームを取得するケースが多くなっていくように思われる。

Compliance Disclaimer

  1. 本資料の著作権は、GMOブライツコンサルティング株式会社に帰属します。

  2. 著作権者の承諾なしにコンテンツを複製、他の電子メディアや印刷物などに再利用(転用)することを禁じます。

作成日:2017年1月17日



資料請求はこちら

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社