2017.01 – 新gTLD Monthly Report

新gTLD Monthly Report 1月版を発行いたしました。

資料をご希望の方は、下記の資料請求フォームにてお願いいたします。

Contents 1. 新gTLDファーストラウンドの状況 2. ブランドTLD活用情報 3. ブランドTLD活用事例 4. ブランドTLDの運営フェーズ分析 5. 運用状況

Summary

  1. 新gTLDファーストラウンドの進捗を意味する「Completion Ratio」は、2017年1月25日時点で前月とまったく変動無く、97.15%である。

  1. 2017年1月には、gTLD、ccTLD、新gTLDともそのセカンドレベルドメインネームの件数が若干減少した。

  1. 2017年1月25日時点で、gTLDのドメインネーム登録数は、先月末比0.55%減少した約1億621万件である。

  1. 2017年1月25日時点で、新gTLDのセカンドレベルドメインネームは、先月末比0.41%減った約 2,737万件を記録し、これまで唯一プラス成長を見せていた新gTLDであるが、今月一瞬マイナス成長を見せた。

  1. ブランドTLDのセカンドレベルドメインネーム登録件数は、この1カ月の間229件増え(3.51%)、2017年1月25日基準、6,524件を記録した。

  1. 全体の件数で見ると、ブランドTLDの活用方法とし「Redirection」が最も多いが、伸び悩んでいるように見える。一方、「Unique Site」は全体で見ると、非常に少ないが、上昇傾向にある。

  1. 2017年1月の間に活用し始まったブランドTLD活用事例を、Unique Site、Redirection別に紹介する。

  1. 企業がブランドTLDを使い始め、運用していくまでの段階を①テスト運用、②並行運用、③完全運用の3つのフェーズに分けることができる。各運用フェーズごとの他社事例を分析する。 ①テスト運用事例:.microsoft ②並行運用事例:.shell ③完全運用事例:.saxo

Compliance Disclaimer

  1. 本資料の著作権は、GMOブライツコンサルティング株式会社に帰属します。

  2. 著作権者の承諾なしにコンテンツを複製、他の電子メディアや印刷物などに再利用(転用)することを禁じます。

作成日:2017年2月10日



資料請求はこちら

最新記事

すべて表示

【ミャンマー】商標法施行グランドオープン6ヶ月後ろ倒しに伴うソフトオープン期間の実質6ヶ月延長

ミャンマーにおける商標法のグランドオープンまであと少しというところで衝撃的なニュースが飛び込んで早1ヶ月が経過しました。未だに混乱の続くミャンマーの知財行政の近況をご報告します。 政変により全閣僚が解任され、新たな閣僚が任命されました。 知的財産庁を所管する商業省も例外ではなく、大臣が更迭、新大臣が着任しました。 現政権も外交・行政・経済政策方針は前政権から継続する予定であるため、新商業大臣には、

【4月20日無料WEBセミナー 】事例から学ぶ模倣品対策【キヤノンITソリューションズ・GMOブライツコンサルティング共催】

4月20日(火)15:00~16:05 お申込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からで

新GTLDのTOP20ランキング(2021年3月)

2021年3月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比261万件の大幅な減少で2,906万件を記録しています。そのうち、「.icu」の減少件数が153万件を占めており、長い間1位を維持してきた「.icu」は2月8日に2位に下がりました。 今月は、不更新の影響が大きく表れている「.icu」の他に、減少が続いてきた「.top」も41万件の減少で4位に下落することで、「.online」が3

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社