2018年最新!2つの仮想通貨商標から見えてくる「Aten Coin」の新技術とは

「技術」を守る特許とは違い、「ビジネス」を守る商標からは、今後のビジネス化動向を予測することが可能です。

2018年に入り気づけば2月も後半に突入して参りました。世界最大の商標データベース「GlobalBrandDatabase(以下略GBD)」を活用した「出願商標から見る将来のビジネス予測最新情報」をお届けいたします。

[su_heading size=”15″]出願商標から見る将来のビジネス予測最新情報[/su_heading]

2018年に出願された商標は113,213件。既に多くの出願商標が存在しています。2017年に引き続き、ビットコイン出願商標の動きが盛んであることを感じる出願がありました。「2つの仮想通貨商標から見えてくる「Aten Coin」の新技術とは」をご紹介いたします。

2つの出願商標

1つめに気になった出願は、出願人が「Andrade Marcus」という個人の出願。2017年には5件の出願を行っており、2018年に入り現時点で36件もの出願を行っています。

主な、出願商標として、KYC BLOCKCHAINなど、”BLOCKCHAIN”を含む商標を6件。BSA COINなど”COIN”を含む商標を7件。AML BITCOIN PLATFORMなど”PLATFORM”を含む商標を4件と、いずれも仮想通貨関連の商標であると予想できるもの。また、各区分毎の”指定商品・役務”一覧がこちら。”指定商品・指定役務”とは、登録を目指して出願する商標を使用することを希望する商品又はサービスを、その内容及び範囲が明確に把握できるように、具体的に記載するもので、今後のビジネス化動向などを予測することができます。

主な、出願商標として、DIGITAL CHAINなど、”CHAIN”を含む商標を10件。BANK PLATFORMなど”PLATFORM”を含む商標を8件。IDENTITY BLOCKCHAINなど、”BLOCKCHAIN”を含む商標を5件。こちらに関しても、いずれも仮想通貨関連の商標であると予想できるもの。各区分毎の指定商品・役務一覧がこちら。

「Andrade Marcus」「Black Gold Coin, Inc. 」を調べていくと1つのキーワードが浮かびあがってきました。「Aten Coin」という仮想通貨です。

2つの商標の指定商品・役務一覧で赤字にした部分こそ、この「Aten Coin」を理解する上で重要な内容となるのです。

2018年のキーとなるのか? Aten Coinとは

Aten Coinは”Aten [su_highlight background=”#cdf0f1″]Black Gold Coin[/su_highlight]”とも呼ばれ、[su_highlight background=”#cdf0f1″]「Marcus Andrade」[/su_highlight]がNational Aten Coin Foundation(以下、NAC略)を結成して以来、名を馳せています。

NACは、犯罪行為やテロ資金供与の問題に取り組むために、必要に応じて送信者と受信者のIDを追跡する方法を発明しました。この発明は、新しい概念であり、ブロックチェーン技術の第4のタイプと考えることができる「民間規制された公開ブロックチェーン(privately-regulated public blockchain)」という、新しいタイプのブロックチェーン。世界中の誰もがAten Coinのブロックチェーンを読んだり、トランザクション検証やAten Coinマイニングに参加することができます。

Aten Coinは、KYC (KYCとはKnow Your Customerの略で、銀行に新規口座を開く際、銀行から要求される書類手続き等を相称して言います)と AML(anti-money launderingの略で、マネーロンダリング対策のことを指します。不自然な取引、振り込め詐欺などの不正口座取引、反社会的勢力やテロ資金、融資詐欺の排除など、広範囲にわたります。)遵守と反テロリスト遵守に関してのみ規制されており、マネーロンダリング、テロ、盗難に対抗するための強力なツールとして利用できる追加機能も組み込まれています。この通貨は暗い市場での使用を意図したものではなく、透明性を取り入れているので、他の暗号化通貨とは異なり、最高レベルの政府コンプライアンスを維持しながら、暗号化が金融業界に利益をもたらすための仮想通貨へ進化してきました。

先日、ダークウェブで使用される取引通貨として、ライトコイン人気が高まっているという記事をご紹介しました。この人気の高まりは、ライトコイン開発チームにとって、自分たちのブランドに損害を与える結果を招くことになるかもしれない事態です。それと同時にダークウェブでの仮想通貨の取引の実態は、仮想通貨全体のイメージや信頼低下につながるものとなるのではないでしょうか。今後、「Aten Coin」の新技術がもたらす安全性が、仮想通貨全体の未来を左右するかもしれません。

また、2つめに気になる出願「Black Gold Coin, Inc.」は、WEB上で情報を見つけることはできませんでしたが、出願商標の内容から、Aten Coinに関わる企業であるのではないかと考えられ、今後の展開に注目をしたい企業です。

引用:http://digitalmoneytimes.com/aten-coin-improving-bitcoin-protocol-compliance-purposes/

アイキャッチ画像引用:https://www.google.com/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&ved=2ahUKEwjqxdrUkInaAhXEQpQKHR63D1gQjxx6BAgAEAI&url=http%3A%2F%2Fbitcoinprbuzz.com%2Fpioneering-aten-black-gold-coin-to-offer-new-patented-digital-wallets%2F&psig=AOvVaw2Idz6HZC5yhUmGBIfgjnaT&ust=1522124201995176

弊社では、以下をはじめとする各種対応が可能ですので、弊社HPも併せてごらんくださいませ。



最新記事

すべて表示

【シリア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりシリアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

【アルメニア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりアルメニアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

第2回日中商標制度シンポジウム聴講レポート【後編】~審査の現場:中国国家知識産権局商標局審査二処「悪意商標出願阻止」の取り組み~

日本貿易振興機構北京代表処・中華商標協会主催で、10月22日に開催された、第2回日中商標制度シンポジウムを聴講した中国現地メンバー申(shen)より、最新のレポート、後編です。 <申(shen)コメント> 「「悪意商標出願」阻止のために、中国において商標の商標法の改正や全面審査プロセスといった制度・手続き面の拡充が進んできました。それを受けて、出願する側にも、このシンポジウムのような機会を有効に使

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社