2019年3月9日から開催「ICANN64@神戸」 若者を対象とした参加者募集

2019年3月9日~14日、兵庫県神戸市で第64回ICANNミーティング(ICANN64)が開催されます。これに合わせ、会期中にICANN主催の「NextGen@ICANN」も行なう予定です。2000年横浜でICANNミーティングが開催されて以来、およそ20年ぶりに日本で開催されることとなります。

ICANNミーティングとは

ICANNミーティングは、毎年3回あり、約4ヵ月ごとに開催されます。また、ICANNミーティングの開催場は、世界中の各地域の持ち回りで決定されます。

五大陸持ち回りなので、時には参加にあたりコストや移動時間が掛かる事もありますが、普段遠方への参加が出来ないアフリカ諸国から多くの参加があるなど、ミーティング全体としては非常に意味のあるものとなります。特に国境や各国での法律が整備されていないドメインネームの協議のためには、多くの国、地域からの参加が不可欠であり、五大陸での開催は重要であると考えます。

今月20日から25日に、ICANN63@バルセロナが開催され、弊社も参加する予定です。弊社は、2008年度に開催された、ICANN32@パリミーティングより参加をしております。

「ICANN64@神戸」参加者募集の詳細

NextGen@ICANNは、ICANN会議開催地の周辺地域に住む若者を対象としたICANN参加促進・教育プログラムです。NextGen@ICANNにご興味のある方は、下記、詳細をご確認の上お早めにお申し込みください。

[su_table]開催期間2019年3月9日~14日会場神戸コンベンションセンター(神戸国際会議場、神戸ポートピアホテル)主な内容ICANN64の各種会議に参加した後、参加の成果を発表申込資格18歳~30歳のアジア太平洋在住の個人。インターネットガバナンス、インターネットの未来およびICANN会議での話題に関心があり、ICANN会議に積極的に参加する意思を持っていることが条件。申込期限2018年10月19日(金)申込用ページhttps://www.icann.org/forms/nextgen/application詳細https://www.icann.org/public-responsibility-support/nextgen

[/su_table]

※審査の上参加者を決定され、参加者には旅費等が支給されます。

日本国内の関係者が一丸となってローカルホストとしてICANNコミュニティの皆さんを迎える準備をしており、GMOインターネット株式会社もその一員として牽引いたします。次回日本での開催はいつ頃になるのか予測できませんし、この良い機会に参加のご検討をしてみてはいかがでしょうか。

https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fmedia.brightsconsulting.com%2Funcategorized%2Ficann64%25ef%25bc%25a0%25e7%25a5%259e%25e6%2588%25b8%2F&width=450&layout=standard&action=like&size=large&show_faces=true&share=true&height=80&appId

〈ライタープロフィール〉 加藤 恭久(かとう たかひさ)

GMOブライツコンサルティング株式会社 IPソリューション部/ドメインコンサルタント consul@brights.jp

2017年5月に入社。通信エンジニア、ウェブディレクター、ドメイン管理業務の経験を活かして、ドメインを中心としたデジタルメディアのコンサルタントに従事。いわゆる中の人、クライアントの立場を理解できる稀有な存在。趣味はマラソン、サイクリング、水泳などスポーツと、マッサージ、ストレッチなど健康オタク。

#tkato

最新記事

すべて表示

【イギリス】Brexitの移行期間終了に伴う商標管理の注意点

イギリスのBrexitの移行期間が昨年末に終了しました。商標に関するBrexitのニュースも様々なところから発信されていますので、ご存知の方も多いと思います。 移行期間の末日である2020/12/31までに登録されたものは自動的にイギリスの商標権が設定され、それまでに登録に至っていないEUTM出願(マドプロ出願も含む)は、本年からコンバージョン申請を行って、イギリスでの手続を継続する必要があります

【韓国】商標審査基準の改定(1月1日施行)に関する補足情報

1. 商標審査基準の改正(2021年1月1日施行)について 今回、審査時に、審査官判断を助けるため、一部の審査基準を整備するものであり、商標登録出願人の要件への基準補完/不登録要件の審査基準の整備/地理的表示・団体標章の審査基準整備/非典型商標の保護拡大のための基準の整備といった項目で改正が行われました。 2. ソフトウェア関連商品の表現について、審査基準が変更されております 韓国特許庁では、必要

【ソマリア】商標登録プロセスが更新されております

ソマリア商標法第3号の規定、および第33号の改正に従い、ソマリア商標局(TMO)では最近、商標登録に関する審査と公開プロセスが導入されました。 現在では、出願前に、第三者によって既に登録されている商標ではないことを事前に調査し確認することが義務付けられています。 調査の結果、重複する既登録商標の無いことが確認されれば、申請することができます。 申請後の審査には約10日かかり、異議申立期間は35日と

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社