2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け増加する、様々なドメインネーム

2018年9月26日より、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けたボランティアの募集が開始され、2020年がぐっと近づいたような気がしてきました。近づく開催に伴い、こちらも盛り上がりを見せています。

「.sport」の活用

「.sport」のレジストリは、1967年に設立された国際スポーツ連盟機構(Global Association of International Sports Federations、GAISF)です。2018年9月4日から2018年12月4日までの間「.sport」はサンライズ登録期間で、一般登録は2019年1月8日から開始する見込みです。

現在、「.sport」15件登録されていますが、その内の一つ「lausanne2020.sport」は、2020年に開催される冬季ユースオリンピックのサイトとして使用されています。

gTLD/新gTLDの活用

上でご紹介した「lausanne2020.sport」のように、オリンピックのような世界的なスポーツの祭典やイベントがあると、それに関連したサイト運営等も盛り上がりを見せるため、ドメインネーム取得件数も増加傾向を見せます。

2020年東京オリンピック・パラリンピック関連のドメインネーム取得件数も多く確認でき、ホストネーム(XXX.jpの”XXX”の部分)に「2020」、「olympic」「Paralympic」を含むドメインネームは約466件確認できます。下記一例ですが、様々なgTLDで取得がされていることがわかります。

[su_table]種別取得されているドメインネーム(一例)取得されているドメインネーム件数gTLDjapan-olympic2020.com olympic-2020.com olympic2020.com tokyo-olympic2020.com the-olympic2020.com299件新gTLDolympic2020.site 2020-olympics.tokyo 2020paralympic.tokyo 2020olympics.app olympic2020.online164件

[/su_table]

ブランドTLDの活用

新gTLDの内、ブランドTLDにおいても「2020」を含むドメインネームの取得が確認できます。

[su_table]種別取得されているドメインネーム取得されているドメインネーム件数ブランドTLDagogo2020.bridgestone journey2020.bridgestone 2020.canon 2020.fujitsu 2020.ntt 2020.temasek6件

[/su_table]

6件中5件が日本企業であり、日本企業を筆頭に「2020」ドメインの盛り上がりが伺えます。日本企業が運営する5つのサイトは全てにおいて、2020年東京オリンピック・パラリンピック関連のサイトが構築されています。


スポーツ関連のTLD

今後も2020年東京オリンピックに関連するドメインネームの取得件数が増加することが予測できます。スポーツ関連のTLDを取得件数が多い順にご紹介いたします。

[su_table]TLD取得件数.yoga9,046件.football5,380件.soccer3,168件.surf2,721件.tennis1,730件.rugby217件.basketball210件.yachts188件

[/su_table]

オリンピックに関わらず、スポーツ関連のサイト運営時の取得ご検討時にご活用いただければと思います。

引き続き、今後の活用状況に注目して参ります。

https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fmedia.brightsconsulting.com%2Funcategorized%2Fsports%2F&width=450&layout=standard&action=like&size=large&show_faces=true&share=true&height=80&appId

〈ライタープロフィール〉 鄭 美羅(Mila Jung)




GMOブライツコンサルティング株式会社

IPソリューション部/newgTLD Analyst

consul@brights.jp

2017年11月に入社、IT・メディアコンサルタントとしての経歴を活かして、ドメイン分野を学びながら新gTLD、特にBrand TLDを専門にレポートを提供。新gTLD分野に興味津津。「これ、面白いっす」と色々発見中。趣味は散歩(ひたすら歩く)、写真(めちゃくちゃ撮る)、カフェ(ただぼっとしている)、そして世界の観察と分析(?!)。

#jung

最新記事

すべて表示

【イギリス】Brexitの移行期間終了に伴う商標管理の注意点

イギリスのBrexitの移行期間が昨年末に終了しました。商標に関するBrexitのニュースも様々なところから発信されていますので、ご存知の方も多いと思います。 移行期間の末日である2020/12/31までに登録されたものは自動的にイギリスの商標権が設定され、それまでに登録に至っていないEUTM出願(マドプロ出願も含む)は、本年からコンバージョン申請を行って、イギリスでの手続を継続する必要があります

【韓国】商標審査基準の改定(1月1日施行)に関する補足情報

1. 商標審査基準の改正(2021年1月1日施行)について 今回、審査時に、審査官判断を助けるため、一部の審査基準を整備するものであり、商標登録出願人の要件への基準補完/不登録要件の審査基準の整備/地理的表示・団体標章の審査基準整備/非典型商標の保護拡大のための基準の整備といった項目で改正が行われました。 2. ソフトウェア関連商品の表現について、審査基準が変更されております 韓国特許庁では、必要

【ソマリア】商標登録プロセスが更新されております

ソマリア商標法第3号の規定、および第33号の改正に従い、ソマリア商標局(TMO)では最近、商標登録に関する審査と公開プロセスが導入されました。 現在では、出願前に、第三者によって既に登録されている商標ではないことを事前に調査し確認することが義務付けられています。 調査の結果、重複する既登録商標の無いことが確認されれば、申請することができます。 申請後の審査には約10日かかり、異議申立期間は35日と

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社