3月14日、米国政府がインターネットのコントロールをICANNに移管すると発表

2014年3月14日、米国政府(商米国商務省電気通信情報局)がインターネットのコントロールをICANNに移管すると発表しました。 これまで米国政府は、インターネットルートゾーン で情報変更などを行うIANA(ICANNの一部署)と直接契約がありました。今後は、ICANNがこの役割を担う事となります。 現在、このインターネットのコントロール移管に係る詳細は不明ですが、2014年3月23日~27日まで開催される「ICANNシンガポールミーティング」にて協議されると考えております。

参照記事1 参照記事2

「ICANNシンガポールミーティング」には弊社からも新gTLDプロジェクトチームのメンバーが参加いたしますので、何か進展がありましたら随時アップデート及び、弊社のお客様には別途情報をご提供致します。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社