AIの注目度と共に急増する、Googleも使用する「.ai」の活用法とは

近年、AI(人工知能)や機械学習に関する研究が発達し、日々のニュースや会話の中にも登場するようになっています。そんんな中、「.ai」ドメインが注目されているのはご存知でしょうか。

「.ai」とは、Anguilla(アンギラ)の国・地域別ドメイン(ccTLD)です。「.ai」がAIを示す言葉であるため、AI関連のサイトとして使用する企業やサイトが増えてきており、非常に人気が高まっているのです。「.ai」をAI関連のサイトとして使用しているドメインをご紹介いたします。

Microsoft

microsoft.ai


Facebook

facebook.ai


Google

google.ai


UBER

uber.ai


その他、Amazon(amazon.ai)やApple(apple.ai)、Skype(skype.ai)も「.ai」ドメインを取得しているものの、いずれのドメインも「.com」サイトへ転送がされる使用をしており、現時点でAI関連サイトの構築は確認できませんでした。

「.ai」の取得件数自体も非常に増加しており、2015年には3,662件だった件数が2018年1月25日の段階では29,730件となっています。特に注目すべきは、2017年から2018年の増加数。前年比17,403件の増加となっており[su_highlight background=”#cdf0f1″]、AIの盛り上がりと共に、「.ai」の重要性や注目度があがったことが伺えます。[/su_highlight]


今後、AIの盛り上がりと共に「.ai」ドメインの人気や価値があがっていくことが予測できます。様々な「.ai」を使用したドメインネームの活用に出会えるのではないでしょうか。

「.ai」の取得要件を以下ご紹介いたしますので、取得のご検討にご使用いただければと思います。



最新記事

すべて表示

【4月26日無料WEBセミナー 】これから始めるドメインネームマネジメント

4月26日(月)13:00~14:00 お申込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※両日とも実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自

新GTLDのTOP20ランキング(2021年4月)

2021年4月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比139万件減少し2,767万件を記録しています。 先月、261万件の著しい減少があった新gTLDのドメインネーム登録件数は「.icu」「.top」「.wang」の大幅な減少が続いており、今月も減少傾向にあります。 新gTLDのドメインネーム登録件数の減少に最も影響を与えている「.icu」の減少件数は108万件で、今月も100万件を

Sunrise開始中・開始予定の新gTLDのご案内(2021年4月)

2021年4月1日時点で、サンライズ(商標権者向け優先登録期間)開始中及び開始予定の新gTLDをご案内します。 3月中にサンライズ登録受付が始まっている新gTLDは、「Clothing / Fashion / Design」を意味する「.cfd」と「.trust」です。 DotCFD Registry Limitedがレジストリである「.cfd」は3月10日から4月12日まで、UNR Corp.

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社