.amazon、新gTLDプロセスに復帰?!

今日も世界のニュースをお届けします。


新gTLDの第一回申請時、アマゾン社はICANNに「.amazon」、「.アマゾン」、「亚马逊」(中国語)を申請しましたが、各国政府諮問委員会(GAC)の反発があり、2014年5月14日に登録棄却をされていました。

具体的には、ブラジル、ペルーからアマゾンは地理的に重要な地域名であるという主張があり、アマゾン社に独占をさせるべきではないという反発でした。

そんなアマゾン社の申請が、再び新gTLDの申請プロセスに復帰するとのことです!

アマゾン社は棄却された後、第三者委員会に不服申し立て(IRP)をしており、このほど不服内容が認められたようです。

アマゾン社の訴えの中には、ブラジルにはイピランガという川があり、地域名としても使われているが、同名の石油会社もあり、その会社が、.ipirangaを申請し、それは認可されている。アマゾンも同様に認可されるべきだと主張をしています。

たしかに、この主張には合理性がありそうですね。

アマゾン社は、新gTLDの申請数でも80件弱あり、google社に次ぐ申請をしていた会社でもあります。新gTLDに積極的である会社が一番取得したいドメインを取得できることで、今後新gTLDのトレンドにも影響を及ぼす可能性がありそうです。

今後のプロセスが気になります。ICANNはいつものスローペースで評価を進めることはできなさそうですね。

因みに、アマゾン社が本不服申し立てに支払った費用は、163,045.51 ドルとのことで、敗訴したICANNが負担するようです。

リンク:http://domainincite.com/21936-governments-slammed-for-overreach-as-amazon-wins-gtld-appeal

わからないことがあったら、ぜひ連絡くださいね!

[su_heading size=”19″]本日はここまで! hasta la próxima![/su_heading]


最新記事

すべて表示

【12月17日・23日無料WEBセミナー】ドメインネームマネジメントセミナー2020年総集編

12月17日(木)14:00~15:00 お申込みはコチラ 12月23日(水)14:00~15:00 お申込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※両日とも実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、W

【カナダ】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月1日よりカナダの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社