Appleの商標出願傾向

ブランドランキング1位アップル社の結果はどのようなものでしょうか。

検索条件

データベース:Global Brand Data Base Fri Nov 25 2016 13:15:13 GMT+0900 (東京 (標準時)) HOL:”apple inc” AND AD:[2016-01-01T00:00:00ZTO2016-11-25T23:59:59Z]

各国出願件数:698件

各国出願分布図

各国出願+マドプロ指定国数

下記グラフは、46件以上の出願があった国。全106カ国。

各国出願+マドプロ指定国分布図

出願方法としては、ビジネスで先行をする国(北米、ヨーロッパ、オセアニア、東南アジア数カ国、イスラエル)は各国出願をし、それ以外をマドプロで網羅する方法をとっていることが窺える。マドプロ加盟していない国は各国出願をしている。ただ、マドプロ加盟したら、マドプロ出願にするように切り替えている。CAREKIT(国際登録番号:1310097)では、54カ国をマドプロで指定をしている。(2016年12月現在:98カ国がマドプロに加盟。)

区分一覧

商標名

10件以上の出願商標は以下の通り。称呼の発生しない図形は除外しています。

商標態様

マーケティング部門との連動を垣間見る

CAREKITは、個人が自分の健康状態を管理することができるヘルスケアアプリですが、2016年3月21日にローンチ発表がアップル社よりありました。今後が期待されるアプリであると思いますが、出願の経過を辿ると、発表まで明らかにしないための動きが見えてきます。

“CAREKIT”は、2016年1月13日にジャマイカで出願がされています(出願番号:69153)。その後、2016年3月21日にアメリカ出願がありました(出願番号:86947373)。

2016年3月21日。 ローンチ発表の日です。

アップル社は発表までアプリの情報が漏えいしないように、データベースが公開されない国で、かつパリ条約に加盟をしている国を選択して、第一出願をしています。商標の制度上の弱点を知った上で、情報コントロールする姿を垣間見ることができます。この後、EU、アジア諸国、マドプロを利用しての世界各国への出願をしています。 同様の出願形式を “3D TOUCH”” MADE FOR APPLE WATCH”などでもとっています。 競合他社に知られないようにというよりは、製品・サービス発表の場でユーザーを驚かせたいというアップル社の拘りのほうを感じました。


最新記事

すべて表示

【日本】一都三県緊急事態宣言発出に伴い、特許庁窓口出願が停止されます。

2021年1月7日に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川で緊急事態宣言が再度発出されたことを受け、特許庁(JPO)では、出願等の窓口受付の原則停止、特許庁職員のテレワークの実施などの措置を講じており、出願に関しては、電子出願と郵送による出願が推奨されております。 郵送事情の変化による到着遅延や、連絡・相談にすぐに対応してもらえなくなる等の影響が懸念されますので、ご留意く

【イギリス】2021年1月以降の商標出願に現地送達先住所記載が必要となります。

イギリスの欧州連合離脱(Brexit)における移行期間が2020年12月31日で満了することを受け、イギリス知財庁は、2021年1月1日以降の出願について、現地(英国、ジブラルタル、チャンネル諸島)の送達宛先住所記載を要求するとしています。 2020年12月31日時点(移行期間満了までに)欧州連合商標としてイギリスにおいても同等の登録が済んでいる商標に関しては、この要求は適用されないため、新たに現

【ザンビア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月21日よりザンビアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社