Canonが新gTLD「.canon」を取得するための活動を開始

大手電気機器メーカーキヤノンが、2010年3月16日、新gTLD「.canon」を取得する意思を表明しました。

現在「.com」に代表されるジェネリックトップレベルと「.jp」などの国別トップレベルに制限されている「トップレベルドメイン(TLD)」の自由化、いわゆる新gTLDの導入がドメイン名を管理する団体ICANNで2008年から検討されています。

今まで海外で新gTLD取得を宣言していた企業は出ていましたが、今回のキヤノンの発表が、日本企業の中で初となりました。

新gTLDは、グローバルに事業を展開する企業にとって、事業の発展に非常に有力な世界的に統一されたコミュニケーション手段になるかもしれません。

先日ナイロビで開催されたICANNミーティングの結果、新gTLDの導入が今年末または2011年からスタートになると予想されていますが、そのスタートに向けて動きが活発になってくるでしょう。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

新gTLDのTOP20ランキング(2021年1月)

2021年1月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比66.6万件減少し、3,225万件を記録しています。そのうち、1位の「.icu」の減少件数は約30万件、3位の「.top」の減少件数は約11万件と引き続き大幅な減少傾向が続いています。 新gTLDのドメインネーム登録件数は「.icu」の急成長による影響もあり、2019年11月中に初めて3,000万件を超えてから、2020年4月には

Sunrise開始中・開始予定の新gTLDのご案内(2021年1月)

2021年1月1日時点で、サンライズ(商標権者向け優先登録期間)開始中及び開始予定の新gTLDをご案内します。 2020年12月1日にサンライズ登録受付を開始した「.beauty」「.hair」「.skin」「.makeup」「.quest」 は、2021年2月5日までの受付期間を設けています。これらの新gTLDのレジストリはXYZ.COM LLCです。「.makeup」と「.quest」の場合、

【事例紹介】ドメインマネジメントガイドラインをご導入企業、株式会社リコー様のインタビュー記事を公開しました。

弊社が提供するサービス、ドメインマネジメントガイドライン(新規策定・リニューアル)をご導入いただいているお客様の事例紹介として、株式会社リコー様のインタビュー記事を公開いたしました。 日々のドメインマネジメント業務に関する課題、ゼロからのガイドライン作成、ガイドラインの見直し検討等、ご状況に合わせてコンサルタントが丁寧に支援させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社