Canonが新gTLD「.canon」を取得するための活動を開始

大手電気機器メーカーキヤノンが、2010年3月16日、新gTLD「.canon」を取得する意思を表明しました。

現在「.com」に代表されるジェネリックトップレベルと「.jp」などの国別トップレベルに制限されている「トップレベルドメイン(TLD)」の自由化、いわゆる新gTLDの導入がドメイン名を管理する団体ICANNで2008年から検討されています。

今まで海外で新gTLD取得を宣言していた企業は出ていましたが、今回のキヤノンの発表が、日本企業の中で初となりました。

新gTLDは、グローバルに事業を展開する企業にとって、事業の発展に非常に有力な世界的に統一されたコミュニケーション手段になるかもしれません。

先日ナイロビで開催されたICANNミーティングの結果、新gTLDの導入が今年末または2011年からスタートになると予想されていますが、そのスタートに向けて動きが活発になってくるでしょう。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社