EAEU:ユーラシア商標制度設立か

アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、ロシアからなるユーラシア経済連合(EAEU)は2017年末または2018年初頭にEAEU関税法典を施行する予定です。

新法典では、加盟各国の税関登録局と併存するEAEU税関登録局を設置し、EAEU全加盟国における権利保持を書面で証明した者に商標、地理的表示、著作権及び著作隣接権の登録を認める予定です。代理人を介する場合は、全加盟国において有効な委任状の提出が求められます。

一度登録されるとそれは2年間有効であり、無期限の2年延長が可能です。但し、各国に登録している権利そのものの期限日を超えることはできません。

ユーラシア商標制度は、EAEU関税法典とともに2017年末に発効が期待されています。

本件に関する詳しい内容につきましては、下記問い合わせ先までご連絡ください。

最新記事

すべて表示

【ロシア】商標登録証の電子化とその発行プロセスに関わる新規則を公開

ロシア特許商標庁は、商標登録証明書発行と。そのプロセス全体の自動化のための新しい規則を公開しました。 この規則に従い、2021年1月17日以降に提出された出願の商標登録証明書は、すべて電子化されデジタル形式で発行されます。 商標権者が、商標登録証明書を紙版で取得したいと希望する場合は、ロシア特許商標庁に特定の請願書を提出する必要があります。 デジタル証明書はオンラインで入手でき、ロシア特許商標庁に

【オマーン】商標出願のための電子プラットフォーム導入

オマーン知的財産局は、2021年3月7日から商標出願のための電子プラットフォームが導入されると発表しました。 以降の新しい商標登録は徐々にオンラインで処理されるようになり、商標出願はオンラインで提出できるようになります。このオンラインシステムは、段階的に他のすべての知的財産登録手続きにも適用される見込みです。 2021年3月7日以降、この電子プラットフォームを使用しオンライン申請をする場合、申請者

【ソマリア】知的財産庁(SIPO)の設立と、新知的財産法下における商標出願の受付再開

ソマリアでは、1991年の内戦勃発以降30年近くの間、実行可能な登録システムの喪失により商標出願の受付がストップされ、新聞広告など非公式の慣行による権利確認が行われていましたが、2012年のソマリア連邦政府樹立以降段階的に復興しており、2019年12月には、法的根拠に矛盾が見られたり、高額な費用がかかるなどの非推奨要素を含みながらも商標登録プロセスが再開されたことが発表されていました。 今年になっ

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社