Facebookにおける商標保護

インターネットにおけるMixi, Twitter, Facebookのようなソーシャルネットワーキングサイト(SNS)の増加に伴い、その中の商標侵害も発生するようになりました。ソーシャルネットワークでのアカウントの登録は個人認証の必要がありません。そのため、悪意のあるユーザはアカウント名として他人の商標や商号を登録し、そのページに存在しないプロモーションキャンペーンなどについての情報を掲載することが可能です。この状況はphishingを始めとする不正行為の温床として懸念されています。それらはTwitter squattingやFacebook squattingと呼ばれています。

ここで、Facebookは商標権者を守るための手段を2009年6月11日付で発表し、商標予約リストへの登録というサービスを提供するようになりました。このリストへ自社の商標を登録することにより、第三者による商標の不正な登録がブロックされ、その表示は新しく可能となるfacebook.com/myname型のFacebook内のパーソナルなURLで使われないようになります。パーソナルなURLの導入は6月13日から始まりますので、自社の商標の不正な登録を排除するには、商標予約リストへの登録を行う必要があります。商標予約リストへの登録はこちらでできます。弊社にて手続を行う場合には、担当者までご連絡下さい。

上記のFacebookの商標保護サービスが締め切りとなりました。 Facebook内の既存の商標侵害を報告したい場合は、こちらで情報のご入力をお願いいたします。ご不明な点があれば、弊社までお問合せください。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【ロシア】商標登録証の電子化とその発行プロセスに関わる新規則を公開

ロシア特許商標庁は、商標登録証明書発行と。そのプロセス全体の自動化のための新しい規則を公開しました。 この規則に従い、2021年1月17日以降に提出された出願の商標登録証明書は、すべて電子化されデジタル形式で発行されます。 商標権者が、商標登録証明書を紙版で取得したいと希望する場合は、ロシア特許商標庁に特定の請願書を提出する必要があります。 デジタル証明書はオンラインで入手でき、ロシア特許商標庁に

【オマーン】商標出願のための電子プラットフォーム導入

オマーン知的財産局は、2021年3月7日から商標出願のための電子プラットフォームが導入されると発表しました。 以降の新しい商標登録は徐々にオンラインで処理されるようになり、商標出願はオンラインで提出できるようになります。このオンラインシステムは、段階的に他のすべての知的財産登録手続きにも適用される見込みです。 2021年3月7日以降、この電子プラットフォームを使用しオンライン申請をする場合、申請者

【ソマリア】知的財産庁(SIPO)の設立と、新知的財産法下における商標出願の受付再開

ソマリアでは、1991年の内戦勃発以降30年近くの間、実行可能な登録システムの喪失により商標出願の受付がストップされ、新聞広告など非公式の慣行による権利確認が行われていましたが、2012年のソマリア連邦政府樹立以降段階的に復興しており、2019年12月には、法的根拠に矛盾が見られたり、高額な費用がかかるなどの非推奨要素を含みながらも商標登録プロセスが再開されたことが発表されていました。 今年になっ