Fast Track IDN ccTLDの開始


今回導入する多国文字国別ドメイン名(Internationalized Domain Name)はテクニカルな部分で40年振りにインタ-ネットに当たる一番大きい変化である”とコメントした。

現在、日本インターネットドメイン名協議会が「.日本」のIDN ccTLDの申請と管理を引き受けている。その協議会に関しては以下のリンクをご覧いただきたい。

リンク Press Release

IDN ccTLD Fast Track Process申請費用は26,000USDであるが、その費用を負担するのが難しい国では、ICANNと相談することもできる。また、申請の手続きは以下の順番で行う。 1.オンライン申請(文字評価依頼 – String Evaluation Request) 2.完全チェック – Completeness Check 3.言語プロセスチェック – Linguistic Process Check 4.DNS安定チェック – DNS Stability Check 5.TLDの委任 – TLD Delegation(IANAに申請)

新TLDと比べ審査時間が明白に表示されてないという短所があるが、11月16日から申請が始まることから予想すると、来年の第1半期からは実際の登録が始まると考えられる。一つの国で様々な言語を使う場合は複数の文字例の申請も可能だが、日本はその条件に該当しないので、「.日本」で決まるであろう。今度から日本語のみを使うドメイン名が登場するため「例:インタ-ネット.日本」、日本でのインタ-ネットユーザーの増加が予想され、個人のホームページから法人のマーケティング戦略まで、様々なインタ-ネット世界の変化が期待される。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【3月24日・26日無料WEBセミナー 】ブレないアクション実行のためのガバナンスとリスクの見える化術 ~アミノ蒸留所・新任ブランド担当者の奮闘編~【見える化シリーズPART3(最終章) 】

3月24日(水)15:00~16:00 お申込みはコチラ 3月26日(金)15:00~16:00 お申込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※両日とも実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Web

【イギリス】Brexitの移行期間終了に伴う商標管理の注意点

イギリスのBrexitの移行期間が昨年末に終了しました。商標に関するBrexitのニュースも様々なところから発信されていますので、ご存知の方も多いと思います。 移行期間の末日である2020/12/31までに登録されたものは自動的にイギリスの商標権が設定され、それまでに登録に至っていないEUTM出願(マドプロ出願も含む)は、本年からコンバージョン申請を行って、イギリスでの手続を継続する必要があります

【韓国】商標審査基準の改定(1月1日施行)に関する補足情報

1. 商標審査基準の改正(2021年1月1日施行)について 今回、審査時に、審査官判断を助けるため、一部の審査基準を整備するものであり、商標登録出願人の要件への基準補完/不登録要件の審査基準の整備/地理的表示・団体標章の審査基準整備/非典型商標の保護拡大のための基準の整備といった項目で改正が行われました。 2. ソフトウェア関連商品の表現について、審査基準が変更されております 韓国特許庁では、必要

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社