GDPRの影響はWHOISにまで及ぶか?!

2018年5月から欧州連合(European Union *以下略EU)において、新しい個人情報保護法が施行されます。新しいEUの個人情報保護法の正式名称は、General Data Protection Regulation(一般データ保護規則)*以下略GDPR。

GDPRは、管理者が、個人データ(氏名、識別番号、所在地データ、職業上のEメールアドレス、IPアドレス等のオンライン識別子、身体的、生理学的、遺伝子的、精神的、経済的、文化的、社会的固有性に関する要因など)の処理に関係する諸原則を遵守することに責任を負い、かつ当該諸原則の遵守を実証することを義務付けています。

このGDPRの施行が、ドメインのWHOIS情報公開範囲に影響を及ぼす可能性がでています。

ICANNでは、この法律の施行に合わせて考えを公開し、パブリックコメントを募集していました。

情報公開を基本としていたWHOIS情報に対しての大きな抑制作用であるため、全世界のレジストラや弁護士事務所から意見が上がっています。

弊社GMOブライツコンサルティングも日本の会社として唯一パブリックコメントに意見を提出し、 企業の皆様の価値も考慮した上での情報抑制を理性的に行うように求めています。

弊社がICANNへ提出した意見書はこちら


ICANNの考えやパブリックコメントなど、詳細については改めてこのブログに報告いたします。

https://www.icann.org/resources/pages/gdpr-legal-analysis-2017-11-17-en

https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fmedia.brightsconsulting.com%2Funcategorized%2F%25e3%2580%2590%25e9%2580%259f%25e5%25a0%25b1%25e3%2580%2591icann%25e3%2581%25b8%25e3%2581%25ae%25e6%2584%258f%25e8%25a6%258b%25e6%259b%25b8%2F&width=450&layout=standard&action=like&size=large&show_faces=true&share=true&height=80&appId


最新記事

すべて表示

【ミャンマー】商標法施行グランドオープン6ヶ月後ろ倒しに伴うソフトオープン期間の実質6ヶ月延長

ミャンマーにおける商標法のグランドオープンまであと少しというところで衝撃的なニュースが飛び込んで早1ヶ月が経過しました。未だに混乱の続くミャンマーの知財行政の近況をご報告します。 政変により全閣僚が解任され、新たな閣僚が任命されました。 知的財産庁を所管する商業省も例外ではなく、大臣が更迭、新大臣が着任しました。 現政権も外交・行政・経済政策方針は前政権から継続する予定であるため、新商業大臣には、

【4月20日無料WEBセミナー 】事例から学ぶ模倣品対策【キヤノンITソリューションズ・GMOブライツコンサルティング共催】

4月20日(火)15:00~16:05 お申込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からで

新GTLDのTOP20ランキング(2021年3月)

2021年3月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比261万件の大幅な減少で2,906万件を記録しています。そのうち、「.icu」の減少件数が153万件を占めており、長い間1位を維持してきた「.icu」は2月8日に2位に下がりました。 今月は、不更新の影響が大きく表れている「.icu」の他に、減少が続いてきた「.top」も41万件の減少で4位に下落することで、「.online」が3

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社