ICANN、2019年に日本上陸!

こんにちは!

今日はオリオール君からみなさんにお知らせがあります!

6月26日(月)から29日(木)まで開催されていたICANN第59回ミーティング(南アフリカ共和国・ヨハネスブルグで開催)において、

素晴らしい決定がありました!

1年に3回、世界各国で開催されるICANN定例ミーティングですが、

第64回ミーティングは、神戸で開催されることになりました

日本での開催は、2000年7月ICANN第6回ミーティング@横浜以来、2度目となります。

ドメインマニアの皆様、楽しみですね!

ちなみに、ICANNは港町が好きなんですかね??

最後に念のため、

ICANNとは、ドメイン名やIPアドレスなどのインターネットの重要資源の世界的な管理・調整業務を行う団体であり、「(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)」の略称です。また、1年に3回行われる定例ミーティングは、数千人規模で関係者が集まるミーティングであり、ドメインに関する重要事項の議論と決定をする会になり、世界的に注目を集めています。

元記事Link:

ICANN Adds Kobe and Montréal 2019 Dates to Its Public Meetings World Tour

わからないことがあったら、ぜひ連絡くださいね!

[su_heading size=”19″]本日はここまで! hasta la próxima![/su_heading]

最新記事

すべて表示

【日本】一都三県緊急事態宣言発出に伴い、特許庁窓口出願が停止されます。

2021年1月7日に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川で緊急事態宣言が再度発出されたことを受け、特許庁(JPO)では、出願等の窓口受付の原則停止、特許庁職員のテレワークの実施などの措置を講じており、出願に関しては、電子出願と郵送による出願が推奨されております。 郵送事情の変化による到着遅延や、連絡・相談にすぐに対応してもらえなくなる等の影響が懸念されますので、ご留意く

【イギリス】2021年1月以降の商標出願に現地送達先住所記載が必要となります。

イギリスの欧州連合離脱(Brexit)における移行期間が2020年12月31日で満了することを受け、イギリス知財庁は、2021年1月1日以降の出願について、現地(英国、ジブラルタル、チャンネル諸島)の送達宛先住所記載を要求するとしています。 2020年12月31日時点(移行期間満了までに)欧州連合商標としてイギリスにおいても同等の登録が済んでいる商標に関しては、この要求は適用されないため、新たに現

【ザンビア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月21日よりザンビアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社