ICANNが国際機関に

ドメインネームやIPアドレスの管理団体ICANN(Internet Corporation for assigned names and numbers)が、完全な国際機関になるための新たなステップを踏んだ。9月30日にICANNと米国商務省との共同合意書に署名したが、これによって、1998年ICANNが設立した時から予定されていた、アメリカ政府から独立が現実となった。

以前ICANNはアメリカ政府に定期的に報告することを義務付けられていたが、これからの運用検討は、アメリカの代表も含めた100国以上の政府代表が参加するGAC(Group Advisory Committee)に行われるということだ。「Affirmation of Commitments」(委任に関する確約)というその合意書によると、GACはドメインネームの競争、DNSやそのデータのセキュリティ、そして一般ユーザーのICANNに関する意識を高める方法などを中心に討論する。ICANNへの積極的な参加の宣言したEU加盟国をはじめ、世界の様々な国がこの新しい動きを歓迎しているようだ。

しかし、ICANNのアカウンタビリティーや、知的財産を守る義務について曖昧だと、Affirmation of Commitmentsを批判する声も上がっている。新gTLDsの導入が近づく中、これらの課題が特に重要になってくるはずなので、新しい管理制度がスムーズに行われ、GACが迅速に対応することが期待される。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

ccTLD「.FO」に、フェロー語文字列ドメイン登録が可能になりました【※優先登録申し込み期限9月30日まで】

「.FO」ドメイン(フェロー諸島 ccTLD)について、レジストリより、フェロー語文字列を使用したドメインが登録可能となった旨連絡がありましたのでお知らせいたします。 企業名や団体名が、フェロー語の「 á, ó, í, ý, ð, ø, æ, ú 」でスペル可能な場合は、ドメイン登録優先権を得ることができ、2020年10月1日に登録が行われます。(※要お申し込み。) 【優先登録申し込み期限】 2

新GTLDのTOP20ランキング(2020年9月)

新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比44万件増加し、約3,563万件を記録しています。 2019年11月中旬、初めて3,000万件を超えた新gTLDのドメインネーム登録件数は、2020年に入って成長ペースが次第に鈍化し、6月から減少傾向にありました。 しかし、9月に入って再び増加ペースを取り戻しています。 2020年の増減数を見ると、210万件増 (1月)→ 120万件増(2月) → 74

「.KH」のセカンドレベルドメイン登録が2021年から可能になります【速報】

カンボジアのccTLD「.KH」のセカンドレベル登録受付について、速報です。 【開始日】 2021年 1月1日以降(具体的な日程は未定です。) ※登録要件/費用など詳細は決定し次第、改めてご案内いたします。 これまで、「.KH」のセカンドレベルドメインは、登録ができませんでしたが、 2021年から登録可能となります。 ご興味をお持ちいただけましたら、費用に関しましても是非お気軽にお問い合わせくださ

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社