03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社

ICANN理事会定期ミーティング概要報告

2011年3月14日から18日まで、米国、サンフランシスコにて第40回ICANNサンフランシスコミーティングが開催されました。同ミーティングの最終日である3月18日には、ICANN理事会会議では、以下の項目に対して決定が下されました。

  1. 新gTLDプログラム導入タイムラインの発表

  2. アダルト産業向けのトップレベルドメイン「.XXX」の承認

  3. IDNccTLDファストトラックレビューの完了と結果の報告

  4. 2011~2014年のICANNの戦略的企画の承認

  5. 「.name」の下での数字のみをストリングとするドメイン名の「レジストリサービス審査プロセス」(Registry Services Evaluation Process)の通過及び承認

  6. ICANNによる内部状況の説明責任と透明性に向けた27の勧告の導入 など全14項目

新gTLDに関してですが、ICANN理事会とGAC(政府諮問会)と間で合意がとれず、プログラムの承認を延期する原因となっております。

ICANNとGACの意見における主な相違点ですが、GACでは保守的なアプローチを考えており、プログラム開始前に、完璧なガイドラインを決定したいのに対し、ICANNでは、取り急ぎ新gTLDプログラムを開始し、運営状況を見ながら、必要に応じた改善を将来行いたいという状況であります。

今後、新gTLD導入への論点として以下が挙げられます。

  1. コミュニティドメインの文字列

  2. 新gTLDの経済的インパクト

  3. 異議申立と地理的名称の使用 など

上記以外にも、今後新gTLDの運用における法執行の問題が挙げられますが、国単位で考えるとそれぞれの管轄が異なることから、解決し難くなっています。

新gTLDの権利保護メカニズムに関しても現在も議論中ではありますが、GACからは商標権者に有利な提案がされており、ICANNでも提案を取れ入れたいという姿勢を示しています。

ICANNでは、今回確定された新gTLDプログラム承認までのタイムラインに則って、GACとの継続的な協議を行いながら、最終的な申請ガイドブックを5月30日に発表すると理事会会議にて述べました。業界関係者などの意見では、ICANN理事会とGACにおける上記のコミュニケーションは、プログラム開始前の最後のフェーズに入っていることを意味しているのではないかとのことです。

ドメイン業界においては、特に新gTLDプログラムへの関心が高く、弊社では今後も同プログラムの動きに注目をしてまいります。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

0回の閲覧