IDN ccTLDが使用可能へ

5月5日を持ってラテン文字以外の最初のIDN ccTLDsがDNSルートゾーンに追加され、使用可能となりました。

それらは: エジプトのمصر (Misr) サウジアラビアのالسعودية (AlSaudiah) アラブ首長国連邦のامارات (Emarat)

です。

この3つの文字列の誕生は、IDN ccTLD Fast TrackというICANNによって2009年10月のICANNソウル会議で承認されたプログラムの導入結果です。IDN ccTLD Fast Trackは、より広い範囲の新gTLDsの取り組みの中、多言語の国名の申請をより早く審査するための特別な期間と言えます。

2009年11月16日をはじめとして、ICANNは11の代表的な言語について合計21の申請リクエストを受け付けてきました。13の申請は文字列評価という申請過程の第2ステップを無事にパスし、ファイナル段階であるTLDの委託のための政府による依頼手続きを行うことができます。

アラビア語は、IDN ccTLDとして使用可能なラテン文字以外の最初の言語となりました。中東におけるインターネットの使用は20%ですが、成長性は計り知れず、今後の発展の起爆剤と期待されています。上位の3つの文字列の導入によって、中東のインターネットユーザは母国語のみから成るドメインネームを登録することができ、インターネットへのアクセスはよりフレンドリーになります。

ちなみに、IDN ccTLDsの.emaratの下で登録された最初のドメインネームは、www.arabi.emaratです。興味深いことに、アラビア語の読み方は右から左へとなっていますので、アラビア語でのドメインネームの表示はwww.tarame.ibaraとなります:www.العربي. امارات

DNSルートに追加された上記3つの文字列の中で.emaratは、弊社新gTLDsパートナーであるAusregistry International社がレジストリサービスを提供しています。このことは、今後の新gTLDs運用の安心材料となりそうです。

次にDNSルートに追加される予定のIDN ccTLDは、キリル文字の.рф(委託済み)であるとICANNによって先日報告されており、事前登録を行ったドメインネームをすぐにお使いになられます。

参照:ICANNのホームページ http://www.icann.org/en/announcements/announcement-05may10-en.htm http://www.icann.org/en/minutes/prelim-report-22apr10-en.htm

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【日本】一都三県緊急事態宣言発出に伴い、特許庁窓口出願が停止されます。

2021年1月7日に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川で緊急事態宣言が再度発出されたことを受け、特許庁(JPO)では、出願等の窓口受付の原則停止、特許庁職員のテレワークの実施などの措置を講じており、出願に関しては、電子出願と郵送による出願が推奨されております。 郵送事情の変化による到着遅延や、連絡・相談にすぐに対応してもらえなくなる等の影響が懸念されますので、ご留意く

【イギリス】2021年1月以降の商標出願に現地送達先住所記載が必要となります。

イギリスの欧州連合離脱(Brexit)における移行期間が2020年12月31日で満了することを受け、イギリス知財庁は、2021年1月1日以降の出願について、現地(英国、ジブラルタル、チャンネル諸島)の送達宛先住所記載を要求するとしています。 2020年12月31日時点(移行期間満了までに)欧州連合商標としてイギリスにおいても同等の登録が済んでいる商標に関しては、この要求は適用されないため、新たに現

【ザンビア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月21日よりザンビアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社