IDN ccTLDsの成功的実現のためICANNとUNESCOが提携

サイバー空間での多言語サービスの強化と促進のためICANNとUNESCOは提携することを発表しました。

ICANNとUNESCOがお互いに協力し合うことについて初めて言葉を交わしたのは2009年12月のことで、2009年12月の同意書では各社の専門分野を共有し、UNESCOの会員ステータスやキリル文字をベースとした言語を公用語として持つ国に利益をもたらすため、国家名と国の略名の参考テーブルの作成することを決めました。

UNESCOの発言によると、インターネット世界は言語的に多様であり、様々なグループがそのユニークな能力を発揮することができます。UNESCOとICANNが協力することで、今よりずっと多くの人を情報ネットワークに招くことが可能になると思われます。

このプロジェクトの範囲はまだ決定されていないですが、今後発表されるテーブルが必ずIDN ccTLDs申請プロセスに使用されるとは確答できません。テーブルは申請プロセスの文字列確認の段階でIDN ccTLDsの申請者に使われるなど、様々な場において申請者の助けになると思われます。しかし、このテーブルによってIDN ccTLDsファストトラックのプロセスや要求条件に変更を及ぼすことはありません。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【3月24日・26日無料WEBセミナー 】ブレないアクション実行のためのガバナンスとリスクの見える化術 ~アミノ蒸留所・新任ブランド担当者の奮闘編~【見える化シリーズPART3(最終章) 】

3月24日(水)15:00~16:00 お申込みはコチラ 3月26日(金)15:00~16:00 お申込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※両日とも実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Web

【イギリス】Brexitの移行期間終了に伴う商標管理の注意点

イギリスのBrexitの移行期間が昨年末に終了しました。商標に関するBrexitのニュースも様々なところから発信されていますので、ご存知の方も多いと思います。 移行期間の末日である2020/12/31までに登録されたものは自動的にイギリスの商標権が設定され、それまでに登録に至っていないEUTM出願(マドプロ出願も含む)は、本年からコンバージョン申請を行って、イギリスでの手続を継続する必要があります

【韓国】商標審査基準の改定(1月1日施行)に関する補足情報

1. 商標審査基準の改正(2021年1月1日施行)について 今回、審査時に、審査官判断を助けるため、一部の審査基準を整備するものであり、商標登録出願人の要件への基準補完/不登録要件の審査基準の整備/地理的表示・団体標章の審査基準整備/非典型商標の保護拡大のための基準の整備といった項目で改正が行われました。 2. ソフトウェア関連商品の表現について、審査基準が変更されております 韓国特許庁では、必要

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社