.in/インドドメイン

ドメインネーム登録要件のご案内

取得可能ドメイン登録要件コメント.in制限無し.co.in制限無し

弊社では、インドで登録可能なドメインネームのうち、ビジネス上有用とされる上記の種類についての登録申請を承っております。 申請方法や価格等の詳細情報をご希望の方は、info@brights.jp宛にメールにてお問い合わせください。

過去に行われてた優先登録について

インドのドメインネーム・レジストリから運営委託されたレジストラであるIN Registry(India’s Official .IN Domain Name Registry)は、海外の企業が.inドメインネームを登録しようとする際に要求されていた現地会社名と登録ドメインネームの類似性要件を撤廃し、セカンドレベル・ドメイン 「 .in 」および「.co.in」の登録を希望する商標権者のための優先登録を行いました。 優先登録フェーズは、2005年1月21日に終了、2月16日より、”早い者勝ち”の先願登録(一般登録)が開始されています。

優先登録フェーズ (Sunrise Period)

2005年1月21日に終了。

一般登録フェーズに先立ち登録申請を受け付けた優先登録期間です。 この期間では、以下の①②を優先順位として、希望する文字列をドメインネームとして申請することができました。

① インド商標登録局における登録商標保有者で、かつ、インド国籍を有する個人または組織。 ② インド商標登録局における登録商標保有者で、かつ、インド国外に籍を有する個人または組織。

当時、登録申請にあたりインドにおける「商標登録証のコピー」の提出が必要となっていました。 ひとつのドメインネームに対し複数の申請があった場合の登録優先順位は、上記①②の順であり、また、ひとつのドメインネームに対し同レベルの優先順位に基づいた申請があった場合は、申請受付順に割り当てが決定されました。

一般登録フェーズ (General Launch)

2005/2/16(水)より、先願登録制による一般登録が開始されています。

現在の登録申請では、インドに現地法人がなくても、また、インドにて商標権を保有していなくても、先登録さえなければ法人・個人を問わず誰でも登録することができます。

ドメインネーム紛争解決のための仲裁申し立てについて

インド独自の紛争解決処理方針(.IN Dispute Resolution Policy (INDRP))が国際的に認められたガイドラインとして定められています。

仲裁機関 : in Registry

弊社では、侵害レベル分析や取り戻しのための可能性評価を実施し、当該国の弁護士との綿密なコミュニケーションを通じて、inドメインの仲裁申し立て手続きをサポートいたします。

その他世界各国のドメインネーム登録について

ブライツコンサルティングでは、商標分野での国際的なコンサルティング経験と知的財産としてのドメインネームマネジメントにおける独自のノウハウを活かし、インドのドメインネームだけでなく、アジア諸国をはじめ、全世界に存在するドメインネーム ( ccTLD )の保護を行っています。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【3月24日・26日無料WEBセミナー 】ブレないアクション実行のためのガバナンスとリスクの見える化術 ~アミノ蒸留所・新任ブランド担当者の奮闘編~【見える化シリーズPART3(最終章) 】

3月24日(水)15:00~16:00 お申込みはコチラ 3月26日(金)15:00~16:00 お申込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※両日とも実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Web

【イギリス】Brexitの移行期間終了に伴う商標管理の注意点

イギリスのBrexitの移行期間が昨年末に終了しました。商標に関するBrexitのニュースも様々なところから発信されていますので、ご存知の方も多いと思います。 移行期間の末日である2020/12/31までに登録されたものは自動的にイギリスの商標権が設定され、それまでに登録に至っていないEUTM出願(マドプロ出願も含む)は、本年からコンバージョン申請を行って、イギリスでの手続を継続する必要があります

【韓国】商標審査基準の改定(1月1日施行)に関する補足情報

1. 商標審査基準の改正(2021年1月1日施行)について 今回、審査時に、審査官判断を助けるため、一部の審査基準を整備するものであり、商標登録出願人の要件への基準補完/不登録要件の審査基準の整備/地理的表示・団体標章の審査基準整備/非典型商標の保護拡大のための基準の整備といった項目で改正が行われました。 2. ソフトウェア関連商品の表現について、審査基準が変更されております 韓国特許庁では、必要

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社