.jpn.comの登録についてのお知らせ

「.jpn.com」と言うドメインが存在します。gTLDのようでもあり、ccTLDのように見えるドメインですが、実は、jpn.comというドメイン名を取得した事業者が、サブドメインとして再販をしているものです。

このドメイン名を販売するのは、「CentralNIC」という民間のドメイン名レジストリです。このドメイン名はjpnという一見日本を連想させる文字列を.com下で登録をしており、この会社は、他にも.us.org、.uk.comなど、米国や英国のccTLD文字列を.com下で登録して独自のドメインとして再販しております。

このドメイン名は以前より存在しているドメイン名ですが、現在アジア圏でのマーケティングに力を入れており、CentralNICによりますと「.jpn.com」の登録数は最近増加傾向にあるとのことです。

通常サブドメインの場合、WIPOが行うドメイン名仲裁の対象とはならず、問題が生じた場合に対応が困難なことが多々あります。しかし、CentralNICでは、WIPOのアドバイスの下、商標権の侵害やフィッシングサイトに対する独自の仲裁制度を定めており、他のサブドメインとは異なる運営をしております。

「.jpn.com」は、上記の通り.comサブドメインの再販ではありますが、弊社も登録及び仲裁を受け付けておりますので、ご興味のある方は是非お問合せください。

最新記事

すべて表示

セカンドレベル「.TH」限定登録期間の申請受付が開始されました。【2021年度第1弾】

タイの「.TH」セカンドレベルドメインの申請受付が開始されております。 申請期間 2021年2月1日~2021年3月31日 ※弊社の受付締め切りは、2021年3月24日でございます。 審査・登録期間 登録審査期間:     2021年4月1日~2021年4月7日 審査通過ドメイン発表: 2021年4月7日 ※審査を通過した場合は、登録費用を支払い、登録手続きに入ります。 費用 お問

新gTLDのTOP20ランキング(2021年1月)

2021年1月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比66.6万件減少し、3,225万件を記録しています。そのうち、1位の「.icu」の減少件数は約30万件、3位の「.top」の減少件数は約11万件と引き続き大幅な減少傾向が続いています。 新gTLDのドメインネーム登録件数は「.icu」の急成長による影響もあり、2019年11月中に初めて3,000万件を超えてから、2020年4月には

Sunrise開始中・開始予定の新gTLDのご案内(2021年1月)

2021年1月1日時点で、サンライズ(商標権者向け優先登録期間)開始中及び開始予定の新gTLDをご案内します。 2020年12月1日にサンライズ登録受付を開始した「.beauty」「.hair」「.skin」「.makeup」「.quest」 は、2021年2月5日までの受付期間を設けています。これらの新gTLDのレジストリはXYZ.COM LLCです。「.makeup」と「.quest」の場合、

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社