Punycodeとは??

みなさん、Punycodeって知っていますか?

ドメイン関係の仕事をしていると、時折耳にしたこともあるかと思います。


具体的には、

ブライツ.jp」 → 「xn--eck4c6bzd.jp

「xn--」から始まるものが、Punycodeです。

今は少しは少なくなってきましたが、言語違いのメールを受け取ったときに文字化けしたりしましたよね。

国際化ドメインリリースにあたっては、それと似た言語の差をなくす仕組みが必要でした。

そこで、英数字以外の言語で入力された文字列を、既存のDNSサーバーでも扱えるようにするため、Punycodeが考案されました。

ドメインが世界共通の資産であると考えると、表示上は文化的・民族的な自由を残しつつ、裏で働くシステムはトラブルなく働くようにシンプルなグローバルルールを敷くというのは利に適っています。

国際化ドメインは、Punycodeのルールでエンコードされ英字表記に変換されます。

下記リンクに詳細がありますが、一部引用。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1605/31/news021.html

Punycodeの先頭は必ず「xn--」となります。

「xn--」は国際化ドメインの予約語となり、先頭が「xn--」の英語表記ドメインは取得することが出来ません。

なお、Punycodeは「Puny(小さな)」と「Code」を組み合わせた造語で、Punycodeの考案者が以下の理由で名付けたものです。

・Unicodeと同じ音を繰り返すことで韻を踏んでいる

・Punycodeは3つの意味で「小さく」設計されている

1.符号化のために使用する文字が少ない(Unicodeで定義される10万文字以上を、Punycodeでは37文字(英字・数字・ハイフン)だけで符号化できる)

2.符号化された結果の文字列が、Base64など他のACE方式に比べて短い

3.符号化のためのコードが小さい(プログラムのステップ数が少ない)

Punycodeを検索する場合には、下記リンクが便利です。

http://punycode.jp/

※日本語のみの対象にはなりますので、ご注意ください。

わからないことがあったら、ぜひ連絡くださいね!

[su_heading size=”19″]本日はここまで! hasta la próxima![/su_heading]


最新記事

すべて表示

【イギリス】Brexitの移行期間終了に伴う商標管理の注意点

イギリスのBrexitの移行期間が昨年末に終了しました。商標に関するBrexitのニュースも様々なところから発信されていますので、ご存知の方も多いと思います。 移行期間の末日である2020/12/31までに登録されたものは自動的にイギリスの商標権が設定され、それまでに登録に至っていないEUTM出願(マドプロ出願も含む)は、本年からコンバージョン申請を行って、イギリスでの手続を継続する必要があります

【韓国】商標審査基準の改定(1月1日施行)に関する補足情報

1. 商標審査基準の改正(2021年1月1日施行)について 今回、審査時に、審査官判断を助けるため、一部の審査基準を整備するものであり、商標登録出願人の要件への基準補完/不登録要件の審査基準の整備/地理的表示・団体標章の審査基準整備/非典型商標の保護拡大のための基準の整備といった項目で改正が行われました。 2. ソフトウェア関連商品の表現について、審査基準が変更されております 韓国特許庁では、必要

【ソマリア】商標登録プロセスが更新されております

ソマリア商標法第3号の規定、および第33号の改正に従い、ソマリア商標局(TMO)では最近、商標登録に関する審査と公開プロセスが導入されました。 現在では、出願前に、第三者によって既に登録されている商標ではないことを事前に調査し確認することが義務付けられています。 調査の結果、重複する既登録商標の無いことが確認されれば、申請することができます。 申請後の審査には約10日かかり、異議申立期間は35日と

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社