RU-CENTER(ロシアレジストリ)を騙る詐欺メールにご注意ください!

RU-CENTER(ロシアレジストリ)を騙るものからの詐欺メールが発信されていおります。 メール内容としては、”直ちに更新手続きを行わないとドメイン名が削除される”という内容ですが、確実にフィッシング詐欺のメールです。

確認ポイントは以下の通りとなります。

①送信元アドレスの確認

差出人「RU-CENTER」と表示されますが、アドレスが@nic.support/ @nic.account/@nic.com/@nic.info/@nic.mailなどというRU-CENTERとは関係のない偽造アドレスが使用されています。*ちなみに、RU-CENTERの通常の更新案内が ru-bill@nic.ruより送信されます。

②支払リンクURLの確認

支払いリンクのURLが記載されていますが、こちらもRU-CENTERと関係のないURLです。こちらで確認できたパターンとしては下記通りです。 ⇒http://airsofttezga.com/catalog/model/catalog/check/payment.php?id=~~~~~~~~ ⇒http://inter-designers.ru/modules/mod_tags_popular/tmpl/form/payment.php?id= ~~~~~~~~ ⇒http://dantum.ru/img/local/client/payment.php?id= ~~~~~~~~

URLをクリックすると、「YANDEX MONEY」というロシアのオンライン送金サービスへ転送されます。

また、実際に送られてきたメールはこちらです。ご参考ください。


[su_box title=”このようなメールが届いたら”]

メール返信等の対応はせず、静観の姿勢で問題ありません。返信してしまいますと、その後しつこくメールを送ってきたり、 法外な金額でドメインを販売されるケースもありますのでご注意ください。

[/su_box]

尚、弊社で管理するドメイン名は全て正しく更新されているので、ご安心くださいませ。

中国のTLDが記載された詐欺メールが届く実態は広く認知されていますが、中国に限らず、このような詐欺メールが送られてくることがあるため、送信元の企業名、送信者、電話番号、メールアドレスなどの情報から調査・確認することが重要です。

[su_divider][su_heading size=”15″][/su_heading][/su_divider]

弊社では、以下をはじめとする各種対応が可能ですので、弊社HPも併せてごらんくださいませ。


最新記事

すべて表示

【イギリス】Brexitの移行期間終了に伴う商標管理の注意点

イギリスのBrexitの移行期間が昨年末に終了しました。商標に関するBrexitのニュースも様々なところから発信されていますので、ご存知の方も多いと思います。 移行期間の末日である2020/12/31までに登録されたものは自動的にイギリスの商標権が設定され、それまでに登録に至っていないEUTM出願(マドプロ出願も含む)は、本年からコンバージョン申請を行って、イギリスでの手続を継続する必要があります

【韓国】商標審査基準の改定(1月1日施行)に関する補足情報

1. 商標審査基準の改正(2021年1月1日施行)について 今回、審査時に、審査官判断を助けるため、一部の審査基準を整備するものであり、商標登録出願人の要件への基準補完/不登録要件の審査基準の整備/地理的表示・団体標章の審査基準整備/非典型商標の保護拡大のための基準の整備といった項目で改正が行われました。 2. ソフトウェア関連商品の表現について、審査基準が変更されております 韓国特許庁では、必要

【ソマリア】商標登録プロセスが更新されております

ソマリア商標法第3号の規定、および第33号の改正に従い、ソマリア商標局(TMO)では最近、商標登録に関する審査と公開プロセスが導入されました。 現在では、出願前に、第三者によって既に登録されている商標ではないことを事前に調査し確認することが義務付けられています。 調査の結果、重複する既登録商標の無いことが確認されれば、申請することができます。 申請後の審査には約10日かかり、異議申立期間は35日と

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社