【在宅勤務・テレワーク支援】 不正ドメイン対策の決定版「ドメインサーベランス」の3ヶ月無償提供【好評につき受付期間延長!5月末→6月末まで】

GMOブライツコンサルティング株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:中川光昭)は、新型コロナウイルス感染症対策として、在宅勤務・テレワークを推進する企業の皆様を支援する目的で、ご自宅にいながら不正ドメイン対策ができる「ドメインサーベランス」サービスを3ヶ月間の期間限定で無償提供いたします。

フィッシングサイトに代表されるような不正サイトは、この世界的な混乱時でも拡大傾向となっております。企業としても休みのない安全対策が迫られる中、在宅ワークで何ができるのか頭を抱えられているお客様も多いのではないでしょうか。

当社はこれまでも不正ドメイン対策に関するサービスをご提供させていただいておりますが、今回そのサービスを一新し、「ドメインサーベランス」としてリリースする運びになりました。

「ドメインサーベランス」は弊社独自開発のインターフェースを用いて、ご自宅に居ながら第三者が取得したドメインを検知することが可能となります。また、検知したドメインのステータスが変更されるのを監視し、即時にアラートを上げることができます。検知・監視のタイミングも日次・週次・月次と選べるため、お客様の用途に合わせた設定が可能です。

新型コロナウイルス感染症の1日も早い収束を願いますとともに、在宅勤務・テレワークに移行される皆様が安心且つ安全に業務を進めるうえで、「ドメインサーベランス」サービスが一助となれば幸いです。

<無償提供するサービス> ドメインサーベランス

<サービス対象> 在宅勤務・テレワークをご検討中の法人・団体・教育機関など(個人を除く)

<実施期間> ※ご好評を受け、延長いたしました

申込受付:2020年4月21日(火)~2020年5月29日(金) → 6月30日(火)

無償期間:サービス提供開始から3ヶ月間

ドメインサーベランスサービスは年間契約となりますので、4ヶ月目から利用料が発生します。 今後の新型コロナウイルスに対する政府・地方自治体の対応方針により、受付期間および提供期間を延長する場合があります。

<お申込み方法> 導入をご検討されるお客様は以下のフォームの件名に「ドメインサーベランスキャンペーン」とご記入の上、その他必要事項をご入力ください。当社営業担当より、詳細のご案内をさせていただきます。 お申込みフォーム



最新記事

すべて表示

ccTLD「.FO」に、フェロー語文字列ドメイン登録が可能になりました【※優先登録申し込み期限9月30日まで】

「.FO」ドメイン(フェロー諸島 ccTLD)について、レジストリより、フェロー語文字列を使用したドメインが登録可能となった旨連絡がありましたのでお知らせいたします。 企業名や団体名が、フェロー語の「 á, ó, í, ý, ð, ø, æ, ú 」でスペル可能な場合は、ドメイン登録優先権を得ることができ、2020年10月1日に登録が行われます。(※要お申し込み。) 【優先登録申し込み期限】 2

新GTLDのTOP20ランキング(2020年9月)

新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比44万件増加し、約3,563万件を記録しています。 2019年11月中旬、初めて3,000万件を超えた新gTLDのドメインネーム登録件数は、2020年に入って成長ペースが次第に鈍化し、6月から減少傾向にありました。 しかし、9月に入って再び増加ペースを取り戻しています。 2020年の増減数を見ると、210万件増 (1月)→ 120万件増(2月) → 74

「.KH」のセカンドレベルドメイン登録が2021年から可能になります【速報】

カンボジアのccTLD「.KH」のセカンドレベル登録受付について、速報です。 【開始日】 2021年 1月1日以降(具体的な日程は未定です。) ※登録要件/費用など詳細は決定し次第、改めてご案内いたします。 これまで、「.KH」のセカンドレベルドメインは、登録ができませんでしたが、 2021年から登録可能となります。 ご興味をお持ちいただけましたら、費用に関しましても是非お気軽にお問い合わせくださ

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社