UDRPの10年記念

UDRP(ドメインネーム紛争解決処理方針)が導入されてから10年間が経ちました。これを記念して、世界知的財産所有機関(WIPO)が今月12日、スイスのジェネーブでカンファレンスを開きました。ICANNの代表をはじめ、ドメインネームや知的財産業界関係者200人以上が集まり、UDRPの今までの実績とこれからの方針について議論しました。

サイバースクワッティングなどのドメイン不正取得が後を絶たなく、UDRPが導入されてからの10年の間、WIPOで受けたドメインネームの不正取得に対する仲裁申し立ての数が、12日でついに16,000件を突破しました。言論の自由などにめぐって、UDRPに対して様々な批判が寄せられていますが、頻繁に商標侵害などで悩まされている企業にとって、大事な対応方法だと高い評価も受けています。

ただ、サイバースクワッティングの形やドメインネーム業界が日々変化している中、多くのスピーカーが、UDRPを改善することの必要性を取り上げました。ドメイン取得者の情報を出さないというプライベート・レジストレーションの使用により異議申し立ての際取得者に連絡が取りづらい場合の対応や、UDRPの出願・資料提出の完全電子化など、様々な改善点が論じられました。その上、最近問題になってきたフェースブックなどのソーシャル・ネットワーク・サイトでのプロフィールの不正取得による権利侵害の対応の検討も進められ、インターネットトレンドがもたらす新しい課題にUDRPの関係者が感じているようです。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

新gTLDのTOP20ランキング(2021年6月)

2021年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し 2,614万件を記録しています。 主に「.icu」や「.top」の急減の影響で、毎月数百万件の減少が続いてきた新gTLDのドメインネーム登録件数ですが、今月は「.xyz」「.online」「.shop」の増加の影響もあり、全体の減少件数が大幅に縮小しているのが特徴です。(3月261万件減 → 4月139万件減 → 5

Sunrise開始中・開始予定の新gTLDのご案内(2021年6月)

2021年6月1日時点で、サンライズ(商標権者向け優先登録期間)開始中及び開始予定の新gTLDをご案内します。 今月は“Side By Side”という意味を持つ「.sbs」がサンライズ登録受付中です。受付期間は6月7日までです。 5月中にサンライズを開始する予定だった地域名称TLDの「.zuerich」は、登録期間が2021年8月30日から10月29日までと延期することになりました。 ※上記

セカンドレベル「.TH」限定登録期間の申請受付が開始されました。【2021年度第2弾】

タイの「.TH」セカンドレベルドメインの申請受付【第2弾】が開始されております。 申請期間 2021年6月1日~2021年7月31日 ※弊社の受付締め切りは、2021年7月23日でございます。 審査・登録期間 登録審査期間:     2021年8月2日~2021年8月9日 審査通過ドメイン発表: 2021年8月9日 ※審査を通過した場合は、登録費用を支払い、登録手続きに入ります。 費用