WIPOによるドメイン名仲裁案件数の増加

世界知的所有権機関(WIPO)では、2010年に申立てられたドメイン名仲裁案件は、前年比で28%増加したと、2011年3月に発表いたしました。4,730件のドメインネームを対象とした2,696の仲裁申請が、統一ドメイン名紛争処理方針(UDRP)によって解決されました。

2010年に仲裁申立が増加した要因として、以前のプロセスと比較して、よりユーザフレンドリーなものとなり、申立者はケースの用意と提出において、電子UDRP(eUDRP)、UDRP判決のリーガルインデックス、選択されたUDRP質問に対するWIPOのパネリストによる概要の閲覧など、新しいサービスを利用することが可能となったことが考えられます。

2010年は、57ヶ国からの申立があり、327人(49カ国、13言語)のパネリストによって裁定が下されました。申立人には、日本のブランドを含む世界の著名ブランド所有者が多く含まれます。

91%のケースにおいて、サイバースクワッティングが立証され、該当ドメイン名は、申立人への移管裁定が下りました。分野別で見ると、小売、金融、バイオテクノロジー・医薬品、インターネット・IT、そしてファッションの5分野からの申立が大多数を占めています。また、申立対象ドメインのうち、82%が「.com」でした。

IDN ccTLDsもUDRPの対象となりつつあり、現在では、アラブ首長国連邦の「 امارات」も取り扱っております。

ブライツコンサルティングでは、ドメイン名仲裁に関するサービスをご提供しております。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

新gTLDのTOP20ランキング(2021年6月)

2021年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し 2,614万件を記録しています。 主に「.icu」や「.top」の急減の影響で、毎月数百万件の減少が続いてきた新gTLDのドメインネーム登録件数ですが、今月は「.xyz」「.online」「.shop」の増加の影響もあり、全体の減少件数が大幅に縮小しているのが特徴です。(3月261万件減 → 4月139万件減 → 5

Sunrise開始中・開始予定の新gTLDのご案内(2021年6月)

2021年6月1日時点で、サンライズ(商標権者向け優先登録期間)開始中及び開始予定の新gTLDをご案内します。 今月は“Side By Side”という意味を持つ「.sbs」がサンライズ登録受付中です。受付期間は6月7日までです。 5月中にサンライズを開始する予定だった地域名称TLDの「.zuerich」は、登録期間が2021年8月30日から10月29日までと延期することになりました。 ※上記

セカンドレベル「.TH」限定登録期間の申請受付が開始されました。【2021年度第2弾】

タイの「.TH」セカンドレベルドメインの申請受付【第2弾】が開始されております。 申請期間 2021年6月1日~2021年7月31日 ※弊社の受付締め切りは、2021年7月23日でございます。 審査・登録期間 登録審査期間:     2021年8月2日~2021年8月9日 審査通過ドメイン発表: 2021年8月9日 ※審査を通過した場合は、登録費用を支払い、登録手続きに入ります。 費用